FC2ブログ
Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
合成出来具合
【合成】
普通の合成。
合成結果はいずれも等確率、普通25%、いい感じ25%、すごい25%、輝き25%のような気がする。

【キラメキ合成】
魔竜石3つ消費。合成結果の出来具合が良くなる。
体感的には、普通0%、いい感じ20%、すごい30%、輝き50%。

【やり直し】
魔竜石1つ消費。合成直後、合成をやり直すことができる。
合成素材は再度消費しない。キラメキ合成の効果は継続する。
合成の出来具合やポイントに満足しない場合などに。

【キラメキ再合成】
魔竜石5つ消費。合成後に、再度キラメキ合成を行う。やり直しも可。
合成素材は再度消費しない。やり直しする場合、キラメキ合成の効果は継続する。
装備の経験値や強化具合やスキル玉はそのまま引き継ぐ(はず)。
ただし、プレイヤー自分が合成した装備でなければ再合成できない(イベント報酬などは不可)。
合成して装備して使ってみたけど、やっぱりどうしてもより良い出来具合やポイントにしたいときに。

■出来具合
装備の出来具合。装備の基本ステータスに、出来具合に応じたボーナスがプラスされる。
普通:100~105%、いい感じ:106~107%、すごい:108~109%、輝き:110%、プレミアム:120%。 ※攻略wiki鵜呑み
プレミアムは通常の合成やキラメキ合成ではつかず、イベント報酬やガシャ景品などにのみつく。
やり直しやキラメキ再合成を行うたびに、出来具合は変化する。

■ポイント
装備のボーナスポイント。装備の基本ステータスのうち、ランダムでどれか1つが110%となる。
タフさ:HP、鋭さ:攻撃、堅さ:防御、命中:当たりやすさ、回避:動きやすさ、魔力:エネルギー、素早さ:軽さ、クリティカル:CR、必殺:華やかさ。
ガードはポイントがつかない(らしい)。やり直しやキラメキ再合成を行うたびに、ポイントは変化する。
スキルの〇〇+10%等のように各装備の累計ステータスに乗算されるのではなく、あくまでその装備そのものに乗算される点に注意。

さて、
出来具合やポイントはボーナス扱いのため、あくまで重視すべきは素の基本ステータスである。んだけれども、それなりに強い装備を作ろうと思ったら、ボーナスにも気を使わねばなるまい。少なくとも、普段使いやコロシアム用での装備を考えているなら、ちょっとは石を投げうってみるべき。
出来具合については、全ステータスについて100%~110%と影響範囲が広いので、ここは最低でもすごい出来を狙いたいところ。すごい出来と輝きの出来は誤差の範囲内な気がするので、輝くまで粘るかはお財布事情次第。
ポイントについては、出来具合のボーナスとは別計算で更に110%されるので、こっちは出来具合よりも拘りたいところ。短所を補うよりは長所を伸ばした方が加算数値的にオトクです。武器であれば攻撃、鎧であればHPか防御にポイントを付けるべき。兜はモノによってステータスの傾向が様々ですが、素のステータス数値にそのまま+10%されるのではなく×110%なので、例えば攻撃0%の兜に鋭さポイントをつけてもまるっきり無意味なことに注意。

ということで、武器の最高の合成出来具合である輝き&鋭さを狙う場合、どれだけ魔竜石が必要なのかを実演しましょう!! キラメキ合成後、ひたすらやり直しを繰り返した結果!!

回数    出来具合 ポイント
 1回目  輝き    エネルギー(魔力)
 2回目  輝き    華やかさ(必殺)
 3回目  輝き    クリティカル(クリティカル)
 4回目  すごい   動きやすさ(回避)
 5回目  輝き    当たりやすさ(命中)
 6回目  輝き    エネルギー(魔力)
 7回目  輝き    当たりやすさ(命中)
 8回目  いい感じ  エネルギー(魔力)
 9回目  輝き     軽さ(素早さ)
10回目  すごい   華やかさ(必殺)
11回目  すごい   動きやすさ(素早さ)
12回目  輝き     華やかさ(必殺)

13回目  輝き     鋭さ(攻撃)

えー、累計1500円相当でした。(全部ボーナス石だから実質タダだけど)
13回目でお目当ての結果が出るのは、妥当な試行回数です。単純計算で、
 輝きの出来となる確率1/2 × 鋭さがポイントになる確率1/7 = 1/14 = 約7%
 ※今回は武器を合成しているのでHPと防御にはポイントがつかない
なので、14回目までに成功すればトントンといったところ? 当然、運が悪ければ20回も30回もやり直すハメになってします。すごい出来で妥協するなら、もっとお安く済むでしょうね。

自分に見合った、良い合成ライフをどうぞ。
スポンサーサイト

ギャザドラ | 2015/04/12(日) 08:23 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。