FC2ブログ
Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
大丈夫?
ぞんほん
ユグドラ・ユニゾン ~聖剣武勇伝~ 公式ガイドブック
発売日:09/12/25 価格:¥1,995 判形:A5判/127ページ・オールカラー
販売:エンターブレイン

入手難度  :★
コレクター度:★
実用性    :★★☆   ※5点満点評価。★は1点、☆は0.5点。わりと適当。

DS版ユグドラ・ユニゾンの攻略本。
STINGタイトルにしては珍しく、ファミ通が制作した攻略本です。色々と悪名高いファミ通の攻略本ですが、それに違わないくらい自分はこの攻略本が大嫌いです。中立な評価を意識している当ブログですが、お構い無しに断言します。

収録されている内容自体は、この手のゲームとしては及第点以上というか充実している方だと思います。キャラ紹介は初出の設定がちらほら紛れ込んでいたり(ブレイズ・ユニオンとの矛盾は仕方ないとして)、アプリ版では謎に包まれていたシステムの詳細や、新要素のフォローも不足なくされていて、単純に読み物としても楽しめます。キャラ雇用の条件とか宝箱の出現条件とかアイテムの効果とか、知りたい情報が概ね抑えられているのが嬉しいですね。同じくファミ通出版の例の黒本とは打って変わって、誤情報もほぼゼロな印象です(一部はゲーム内容と齟齬はあるけど、内容から察するにゲーム側の設定ミス)。

じゃあ何がダメなのか? この攻略本、読み手に対する配慮が全くありません。

まず掲載されている写真とイラスト。6割がたブレています。
ブレゾン
※写真撮影時にブレたとか、双子の姉妹っぽく分身しているとかではありません。
イラストも画面写真も、半分以上はこんな感じです。あまりにも数が多すぎるので乱丁の類では無いと思うのですが、もし流通されているもの全てがこんなだったらいくらなんでも酷い。

※ご指摘により、単なる乱丁だということが判明しました(そらそうだろ!)。

何かというと、攻略本を活用するに当たっての凄まじきタライ回し感。本ゲームにおいてはD.H.Eシリーズなだけあってアイテムが戦略に占める割合は高く、アイテムの入手方法を把握することが何より重要です。そこで攻略本を参考にするワケですが、必要な情報が散逸しすぎていて全く要領を得ません。(どのステージに、何のアイテム(全6種類)があり、どのキャラが、どのような特殊条件を満たせばよいか)
例えば、自分が次に挑むステージで何のアイテムが入手できるかを調べるときの手順は以下の通り。

①ステージの攻略情報ページを見てみる
 →入手できるアイテムが何であるかの情報が載っていない
②アイテムデータ一覧で探してみる
 →どのステージで入手できるかの情報が載っていない
③探索アイテム一覧で探してみる
 →どのステージで何のアイテムが入手できるかの情報が載っていた
  →しかし、全6種類のうち3種類ずつ分けて別々のページで紹介されていて非常に読みづらい
   →さらに、それぞれのアイテムを入手するのに必要な条件が載っていない
④直後のページに「どのキャラが」の一覧がまとめられていた
  →しかし「どのような特殊条件で」の情報が載っていない
⑤60ページほど前の今までとは全く別の章に「どのような特殊条件で」の一覧がまとめられていた
  →ここでようやく何のアイテムが入手できるか、その入手条件が何かの情報が揃う
   →しかし、肝心のアイテムの効果が把握できていない
⑥アイテムデータ一覧で入手可能なアイテムをアイウエオ順で調べ、効果を確かめる
  →しかし、誰が装備できるかの情報が曖昧で判別がつかない
   →そしてその情詳細は攻略本のどこにも載っていない


(#^ω^)ビキビキ
攻略本なのにメモ取りながらじゃないととてもじゃないけど覚え切れません。情報を統合できません。
いやね、最後の誰が装備できるかってのはユニオンシリーズ最大の秘匿情報でもあるので未掲載でもまぁ許容できるんですが、とにかくページをまたぐアクセスが多すぎてイヤになります。こんなこと言いたくはないのですが、開発者から入手したデータを何も考えずただ並べただけ感が前面に出すぎ。

とは言え、上記の2点以外は小奇麗にまとまっているので、欲しい人は買いですね。癪だけど。
スポンサーサイト
関連商品情報 | 2013/10/09(水) 20:20 | Trackback:(0) | Comments:(4)
リヴィエラの件本とサントラを持つ者が今さらWS版の攻略本とGBA版のサントラを買うような意義についてもお聞かせ願いたい……。

あと、GCのスタソルで林サウンドのSTGが遊べたり(小声)
2013/11/01 金 00:31:18 | URL | #-編集

リヴィエラの件本って何だっけ?というのはさておき、
WS版攻略本
 →WS版の画面写真が多い(ワンダースワン未所持者には嬉しいね)
 →WS版イベントCGのラフ画が少しだけだけど載っている(あと例のメモ)
GBA版サントラ
 →WS版開発時の没設定が多数掲載(設定マニアには堪らないよ)
 →サウンドコンポーザーがディレクターから受けた無茶ぶりを知れる(流石やでぇ)
って感じですかね。攻略情報やサウンドとかのメインの内容より、作品周りの資料的な価値の方を求めるのなら買いじゃないでしょうか。今となっては。

GCのスターソルジャーの件は初耳なので、機会があったらBGMを聴いてみたいですね。
2013/11/02 土 01:21:00 | URL | bechi #-編集

うちにある攻略本はイラストのブレ全然無いけどなぁ…
2013/11/14 木 02:16:07 | URL | #-編集

ですよねー。っていうか普通に考えてそうですよね、記事を修正しておきました。
ただそれでもこの本に対する自分の評価が変わらないのは、やっぱり参照のし難さがヒドイからなんだと思います。
2013/11/14 木 03:30:42 | URL | bechi #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。