FC2ブログ
Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
えいごのじかん
今は懐かしきRiviera Calendar Discの盤面に書かれている英文を訳してみよう!! 意訳全開で行くよ!!

The Ecthelion, the angelic blade reknowed at the ultimate Divine.
Armed with a heavenly sword and a heart of gold, the young man will shape the future.

Ecthelion、天使の刃は究極のディヴァインでreknowedされました。
天の刀と高潔な心を武装させられると、青年は未来を形成するでしょう。

Lorelei, the heavenly spear… Its blade of condemnation returns all to nothing.
By the names of the lost gods from ancient times, a sentence of blazing flames shall be passed.

ローレライ、非難の根拠の天のやりの…Its刃はすべてを何にも返しません。
古代からの迷子になった神の名前で、炎をはっきりと示す文は下されるものとします。

Toolue, the divine axe… The blade of ice freezes all who touch it.
Its frigid edge enshrines a fiery heart, elevating its strength to rival that of the gods.

Toolue、神の斧… 氷の刃はそれに触れるすべてを凍らせます。
神のものに匹敵するために強さを上げて、極寒の縁は火のような心を秘めます。

A single arrow can pierce through the sky and summon forth terrifying lightning.
She grips a tiny ray of hope with those small hands of hers.

片矢は、空を突き刺して、先へ恐ろしかった稲妻を呼び出すことができます。
彼女はそれらの小さい手で希望の小さい光線をつかみます。

Chaos kneels to her holy saber as she leads the path of righteousness through the darkness.
Her limpid benediction purifies evil and envelops the world in a pleasant light.

彼女が暗闇を通して正しい道を導くとき、カオスは彼女の聖なるサーベルにひざまずきます。
彼女の澄んだ祝福は、快い光の中で悪を浄化して、世界をおおいます。

Like a beam of light slicing through the darkness, she crushes any difficulties with her scythe.
Victory is brought forth to her courage and iron-will that never gives up.

暗黒を切るように進んでいる光線のように、彼女は彼女の鎌におけるどんな困難も殺到させます。
彼女の勇敢なことに、勝利は生産されます、そして、強固な意志は決してあきらめません。

Scorching flames from her hands burn her enemies to ashes and return evil beings to dust.
The staff contains the knowledge to lead the world and shall become a guide to the future.

彼女の手からの赤熱の炎は、ほこりを払うために灰とリターン悪存在に彼女の敵をやけどします。
スタッフは、世界を導く知識を含んでいて、未来までのガイドになるものとします。

はい、翻訳ソフトに頑張ってもらいました!! 個人的にはシエラのがツボです。以下、自分で頑張って訳してみました。

The Ecthelion, the angelic blade reknowed at the ultimate Divine.
Armed with a heavenly sword and a heart of gold, the young man will shape the future.

究極のディヴァインとして知られる天使の刃、エクセリオン。
神聖なる剣と優しい心を武器に、少年は未来を描いていく。

Lorelei, the heavenly spear… Its blade of condemnation returns all to nothing.
By the names of the lost gods from ancient times, a sentence of blazing flames shall be passed.

神聖なる槍、ローレライ…。その断罪の刃は全てを無に帰す。
古の時代より失われた神々の名のもとに、業火の刑は下される。

Toolue, the divine axe… The blade of ice freezes all who touch it.
Its frigid edge enshrines a fiery heart, elevating its strength to rival that of the gods.

神聖なる斧、トゥール…。氷の刃は触れた者全てを凍りつかせる。
神にも匹敵する強さを得るため、その冷たい刃に燃え立つ心を捧げよう。

A single arrow can pierce through the sky and summon forth terrifying lightning.
She grips a tiny ray of hope with those small hands of hers.

一筋の矢は天を貫き、恐るべき雷光を呼び寄せる。
その小さな手で一縷の望みを掴み取る。

Chaos kneels to her holy saber as she leads the path of righteousness through the darkness.
Her limpid benediction purifies evil and envelops the world in a pleasant light.

暗闇に正義の道を照らすように、彼女の聖なるレイピアは混沌を跪かせる。
清冽な祝福は魔を浄化し、世界を自愛の光で覆う。

Like a beam of light slicing through the darkness, she crushes any difficulties with her scythe.
Victory is brought forth to her courage and iron-will that never gives up.

闇を切り裂く光線の如く、その大鎌はどんな困難をも打ち砕く。
決して諦めることのない勇気と鉄の意志の前に勝利はもたらされる。

Scorching flames from her hands burn her enemies to ashes and return evil beings to dust.
The staff contains the knowledge to lead the world and shall become a guide to the future.

彼女の手から放たれる灼熱の炎は敵を灰に焼き尽くし、悪を塵へと変える。
世界を導く知識を有する杖は、未来への道標となる。

はい。英語ニガテなので勘弁してください。
内容的には、Lv3オーバースキルのカットイン時に表示される英文のパワーアップVerといった印象。カッコイイ感じがしますが、特に面白みもないですね。と思っていましたが、ここでヒロインズの和文に注目。そう、十二精霊族である彼女たちが司るもの(幸運・正義・勇気・知恵)が含まれていますねと気づいたつもりが、実はルゥリだけ対象外でした。もし他の3人については意図的であるならば、当然ルゥリにもLuckyとかの単語があって然るべきですが、まさか単なる偶然なのかしら。微妙に萎えたところでおしまい。
スポンサーサイト
約束の地リヴィエラ | 2013/03/29(金) 23:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。