FC2ブログ
Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
えっ? オフ会が終わってからもう10日も経ったって?
(続き)
とは言ったものの大部分が記憶の彼方へ去ってしまったので、オフ会の内容ではなく、初めてオフ会に参加した立場としての感想をまとめてみます。まぁ内輪っぽくなりすぎてもアレだしねごめんなさい。

とりあえず一言でいうならば、好きなものについて好きな人同士で語り合うのは楽しかったなぁということ。オフ会の醍醐味はこれに尽きると思います。っていうかそれがオフ会の定義(?)だしね。
少し自分のことを話すと、近しい友人にゲーマーが少ない、いたとしてもドラクエとかポケモンとかモンハンとかメジャーどころは知っていてもD.H.Eシリーズを知る人はまるでいない(ゲームの話題になったら一応は話題を振ってみるけどマジで誰も知らない)、リヴィエラをプレイしたことがあるという知り合いが唯一いたものの大して仲良くもなかったのですぐ疎遠になってしまったと、私生活でゲームの話の合う人が絶無なのです。それでも自分の想いを吐き出したいよウワアアアアン!ヽ(`Д´)ノという経緯で始まったのが当ブログであり、オフ会への参加であったわけです。ブログやオフ会でなくとも、今ではSNSなどにより気軽にコミュニケーションが取れるようになりましたが、匿名同士だとあんまグイグイいかないタイプなのでネット上での交流では積極的にはならず。そのため、ブログによる一方向発信に留まりつつも満足していたのですが、オフ会であれば直接対面だし現物を見せ合って話ができるしなんか面白そうだなと思って主催および参加してみた感じです。

何が言いたいかというと、オフ会に興味があるにも関わらず参加を躊躇している人がいるのならば、ぜひ一度ためしに来ておいでよです。今回の自分がまさにそうで、実際のところオフ会が始まる前は(というか待ち合わせの段階から既に)不安と緊張で胸が一杯でしたが、そこはスティンガー同士、何の気兼ねも遠慮もなく好きなことについて好き放題に語りまくってきましたとさ。自分から話を振ったり話題を切り出すのが苦手な人でも大丈夫、自ら喋らなくとも誰かかしらが弾丸トークで場を繋げてくれるので休まる暇が一切ありません。インザナ体験会の待合室での静寂と気まずさに涙を呑んだあなたも全く心配ありませんから!! 自分も割りと聞き役になっていましたが、もうちょっと会話に割り込めばよかったと今更ながら少し後悔。参加者も見た感じは年齢ばらばら、聞くところによると過去の別のオフ会では女性スティンガーも参加したことがあるらしいので、ほんと誰でもウェルカム。きっと小学生やお年寄りでもすぐに馴染みます。みんな紳士でしたぜ。

そんなこんなで、もし機会があれば次回のオフ会も必ず参加します(都合がつけば)。東日本どこでも駆けつけます(西日本は遠い)。そのとき、この記事を読んでくれたあなたと出会って色々語り合うことができたら、それはそれは素晴らしく幸せなことなのではないでしょうか。なんかいい感じのまとめ方でオフレポおしまい。オフレポになっていない。
スポンサーサイト

未分類 | 2013/03/12(火) 22:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。