Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
最初で最後のお祭りゲー
ユグユニ
ユグドラ・ユニゾン ~聖剣武勇伝~
発売日:09/12/3 価格:6,279円 販売:アトラス
ジャンル:リアルタイムシミュレーション 対応機種:ニンテンドーDS


D.H.Eシリーズの異端作が予想の斜め上を突いて再登場。
ケータイで好評を博したアプリ版のリメイクVer。リメイクとは言うものの、グラフィックやBGMなどハード性能上昇に伴うクオリティアップ以外の基本システムはほぼ据え置き。アプリ版は主要キャリアのうちauだけ対応していなかったので、auユーザーにとっては嬉しい仕様だったのかもしれないけど、アプリ版をたっぷり楽しんだユーザーにとっては変わり映えのなさが物足りなかったり。基本システムの詳細はこちら

もとのアプリ版はケータイのボタン配置を巧みに利用したシステムが特徴的ではあったものの、ユニットの選択と移動までも全てキーで操作しなければならないという不便さもありました(一応ショートカットキーはあったけどさ)。これどう考えてもタッチペン操作向きだよね、という意見も当時から出ていたわけで、その意味ではニンテンドーDSへのリメイクは必然だったのかも。その点に関して言えば狙いは大当たりで、スムーズかつ直感的な操作は本作ならではの特徴です。
グラフィック・BGM・+αのシステム追加も順当なもので、可もなく不可もなくと言った感じ。主要キャラの個別ドット絵くらい用意してほしかったという本音はさておき、BGMは既存曲のバリエーション追加ラッシュに加え新曲もちらほら。D.H.E第一作からサウンドを担当していたピュアサウンドの引退作でもあるので、そっちのファンの人にとってはこれだけで大きな価値があるでしょう。システム面ではマップ兵器の追加がありますが、もはや必然の流れかと。新勢力新キャラ追加なんかも同様ですね。

さて気になるのがアプリ版のキモでもあったランキング機能、こちらはキレイサッパリ無くなりました。仕方ないと言えばそれまでですが、代替案を用意できていないのがイタいです。アプリ版にはあった一日2プレイまでというプレイ制限はなくなりましたが、システムが単純なぶん飽きも早いと思うので、競うプレイヤーがいないなか、自分のプレイスタイルを確立できるかってところでしょうか。
逆にアプリ版から完全に変わりがないのも考えものだという例も。プレイヤーとして自軍に抱えられるのは主人公含めて僅か5人だったのはアプリ版だからこそ許容できたのであって、それすら据え置きというのは困ったもの。ゲームバランス的な問題も孕んでいるので一概に否定はできないんだけど、もっと他にやりようがあったのでは。また、自分でも詳細をよく把握できていないのでアレですが、地味に嫌なバグが多数あるようです。セリフ集めやコンプリートに直結するものもあるらしく、ファンにとっては結構きついんじゃないでしょうか。
最後に1つ個人的な難癖を残しますが、アプリ版と比較してゲームテンポが悪いです。慣れですか。慣れですね。

本作をきっかけにユグドラ・ユニオンやD.H.Eシリーズに興味を持った人がどれだけいたかは甚だ疑問ですが、ケータイアプリの焼き直しが6,279円という価格設定に対する風当たりは強かったようです。シリーズファンのコレクションアイテム的な位置づけであるのは否めませんが、いずれサービス終了するであろうアプリ版のことを思えば、手元に置いておいても良いのでは。今なら新品でも安いし。
スポンサーサイト
タイトル情報 | 2013/10/06(日) 20:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
*puff-puff*
海外馬入グドラPSP
Yggdra Union
発売日:08/9/16 価格:$39.99 販売:ATLUS USA,INC.
ジャンル:Tactical Fantasy RPG 対応機種:PlayStation Portable レイティング:Teen

PSP版ユグドラの海外版。PSP版リヴィエラのときのような追加要素は特に無いようで、純粋なベタ移植の模様。単語の差し替えなどの細かな変更はGBA版と同じであり、プレイ感覚は日本版と遜色ありません。
というワケで次に気になるのは、やはり英語の吹き替え。日本版ではPSP移植に伴いキャラクターボイスが追加されましたが、当然この海外版も同様にボイスが追加されています。一部のキャラはアトラスUSAの公式サイトで視聴できます…が、やっぱりと言うか何と言うか違和感バリバリです。リヴィエラのときは私たち日本人にとって意外としっくりくるボイスでしたが、今回はいかにもアメリカンといった感じです。とりあえずユグドラの色っぽい艶っぽい美声に慣れるのに一苦労というところ。
その他の海外版ならではの特徴として、帝国軍出撃!/将軍クラスと.帝国軍出撃!/名将クラスのBGMが入れ替わっているという日本版の不具合が修正されています。ちゃっかり直してくる辺り、不具合だったんだとちゃんと自覚していたようですね。また、海外版にもかかわらず日本語ボイスが選択できるという特典があります。テキスト表示は英語のままなので、純粋にファンサービスといった感じなのかも。

色々と書いてみたものの、実際はろくにプレイしていないため、もしかしたら大きな変更点とかがあるのかもしれないですね。気が向いたらクリアしてみたいとは考えているけど、とりあえず○ボタンと×ボタンが逆なのは勘弁してほしい。
タイトル情報 | 2012/03/08(木) 00:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今更お買い得
NO IMAGE
ナイツ・イン・ザ・ナイトメア Dept. Heaven Episodesシリーズ スペシャルパック
発売日:08/09/25 価格:8,190円 販売:Genterprice
ジャンル:アクティブ・タクティカルRPG 対応機種:ニンテンドーDS

D.H.Eシリーズ3作目。に、GBA版ユグドラ・ユニオンが丸々付属したお得用パック。ナイツ単品の値段を差し引くとユグドラは2,100円(税込)なので、ユグドラ単品6,090円と比べて大変お買い得。ユグドラはPSP版が既に発売されているのに何故いまさらGBA版なのかと言うと、ナイツにはダブルスロット要素が実装されているから。在庫整理の意味合いもあったかどうかは分かりませんが、未所持の人にとっては丁度良かったのではないかと。
製品内容はナイツもユグドラも同タイトルと全く同じであり、外箱から中身まで一緒となっています(ユグドラは初回限定版ではなく通常版)。新たなものはと言えば、これらのタイトルを収納するケース(というか箱)が付属していることくらいで、他は何の違いもありません。

ところでD.H.Eシリーズがシリーズとして銘打たれたのはこのDS版ナイツからであり、2008年新春に発売された週刊ファミ通でその名が明らかになったのでした。いきなりのよく分からん発表に当時は驚いたものですが、それまではただの単発タイトルだったリヴィエラ&ユグドラの流れを汲んでナイツに繋がったのだと思うと、ファンとして嬉しいものがありました。それによる内外への影響は複雑なものになっていくのですが、それはまた別の話。もしかしたら、このスペシャルパックを販売するに当たって、ナイツと過去作であるユグドラに関連性を持たせるためにシリーズ化が図られたのかもしれませんね。20

本日のくじびきは…もう永遠にひけないのさ。
リヴィエラキャラのセリフ集でもやろうと思ったけどすぐネタが枯渇するからやめだ。
タイトル情報 | 2011/10/04(火) 19:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
シリーズ最高峰
DS版ナイツ
ナイツ・イン・ザ・ナイトメア
発売日:08/09/25 価格:6,090円 販売:Genterprice
ジャンル:アクティブ・タクティカルRPG 対応機種:ニンテンドーDS

延期の果てに発売された、D.H.Eシリーズ3作目。
延期が行われた理由は「ゲームシステムが難解すぎるのでチュートリアルを実装するため」という、良くも悪くも大いに期待させるようなものでした。発売に先駆けて先行体験会も開催されましたが、参加して実際にプレイした人でも何がなんだかさっぱり分からないという(本人談)、蓋を開けてみればトンでもない代物に仕上がっていたのでした。

まず、システムを全て把握してからゲームに望むことは不可能で、チュートリアルを閲覧したところで一度に理解するのは到底ムリです。もちろん事細かに覚える必要はなく、手探りのプレイでも一つ一つ覚えながら進めるようになっているのですが、楽しいと思えるようになるまで続けられるかどうかがこのゲームの1つの分かれ目であるようです。一度プレイに慣れてしまえば、世界観にも目を向けたり、エフェクティブなど新しい要素を試したり、高難易度や縛りプレイに挑戦したりと、楽しさの方向性が横にも奥にも広がっていく、遊び甲斐のある作りになっています。
そしてプレイを進めていくうちに理解するのは、ただ難解なだけでなく、システムを最大限に楽しむためストイックかつシステマチックにゲームが構築されているということです。豊富なステージ数・一切の無駄がないシステム・徹底してダークに染められた世界観は、ナイツ・イン・ザ・ナイトメアというゲームを楽しむための環境を上手く作りだしています。そしてプレイを演出するのは、100人を超えるプレイヤーキャラクター・個性溢れるボスキャラ・39曲もの戦闘BGMであり、単調になりがちなキャンペーン型RPGをこれでもかと言うほど彩ってくれます。
シナリオは可もなく不可もなくと言ったところですが、長々としたイベントは少なく必要最低限に抑えられていて、あくまでシステム部分を補佐するに留まっている印象を受けます。圧倒的多数のキャラクターの掘り下げにはポーズトークと言う能動的な操作が必要になるなど、ゲームのテンポを阻害しないような作りになっていることも伺えます。毎度同じタイミングで入る語りは形式的すぎるきらいがありますが、世界観を魅せる様式美と思えばかえって好感が持てるのでは(と思うのは自分だけなんだろうなあ)。

ゲームシステムが斬新であるというのがD.H.Eシリーズの売りですが、それに加えて徹底された統一感や緻密性というものを備えたナイツは、その意味では間違いなくシリーズ最高傑作だと言えます。惜しむらくはそれが一般ユーザーになかなか受け入れられなかったものの、さすが業界人は見る目が違う、第12回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門 審査委員会推薦作品なるものに選ばれたのでした。選考基準などは不明ですが、ニンテンドーDSの性能を最大限に酷使した活かしたことと、上記のような徹底されたゲームデザインが注目されてのことだったのではないかと思います。ということで外部のお墨付きのタイトルですので、D.H.Eシリーズを知らない人に渡しつけて感想を聞いてみるのもいいでしょう。80

本日のくじびきは…もう永遠にひけないのさ。
寂しすぎるので、代わりのコーナーを新設する予定。
タイトル情報 | 2011/10/03(月) 22:36 | Trackback:(0) | Comments:(0)
第二のSTING看板作品?
PSP版ユグドラユニオン
ユグドラ・ユニオン
発売日:08/01/24 価格:4,980円 販売:スティング
ジャンル:タクティカル・ファンタジーRPG 対応機種:プレイステーション・ポータブル CERO:A

シリーズ第2弾、ユグドラ・ユニオンのPSPリメイク。OPアニメ・キャラクターボイス追加、新シナリオ&キャラクターの登場、グラフィック&BGMの手直し、システムの調整と、あらん限りの追加要素を盛り込んでのリメイクです。今回はちゃんと(まともな)エンディングがあるぞ!
システムやキャラクターの評価は高かったものの、テンポの悪さ・ユーザビリティの不備・各種バグ・発売時期等が原因で不遇の身となっていたGBA版ユグドラでしたが、今作は不満点の殆どを改善し、そして長所は長所のままその質を高めるという、その完成度たるやまさにリメイクの理想像と言ったものでした。詳しい数値は分かりませんが、シリーズ最高の売り上げを記録したらしいです。

リメイクによる変更点は上記の通りですが、その全てがちゃんとプラスの方向に働いているのがとにかく嬉しい。
キャラクターボイスやグラフィックなどの演出面の強化はもともとあったキャラクター人気に更なる拍車をかけることになりました。そしてそれはアンソロジーコミック等のグッズ展開だけでなく、ユグドラ・ユニゾンやブレイズ・ユニオン等の派生タイトルへと繋がっていくことになります。
システム面については根本のゲームシステムはそのままに、士気回復の機会の増加・使い勝手の悪かったタクティクスカードの強化を例として、シビア過ぎると言われたゲームバランスが改善されました。中断セーブがリロード可能になったことで納得いくまで思う存分プレイできるようになったのは、やり込み派にとって嬉しい限り。
そしてこれらの要素を支えるのが、ゲームを快適に進めるうえでの数々の配慮。イベントスキップ搭載、ロード時間は短く、更にはバトルの高速化まで完備と、まるでスキが見当たりません。
中途半端な過去作のリメイクが濫造されるというゲーム業界の昨今(STINGのことを指しているわけではない)、ここまで純粋にオリジナルをブラッシュアップさせた作品は珍しいのではないでしょうか。

シリーズとしてはあくまで一つの作品でしかありませんが、スピンオフ・続編タイトルが制作されたのはこのユグドラ・ユニオンだけ。ゲームシステムのみならずキャラクターやBGMの人気が高いのはD.H.Eシリーズはの共通項、しかしユグドラがここまでの人気と知名度を博したのは一体何故なのか?シリーズファンとしては喜ばしいですが、リヴィエラファンとしては妬ましかったり。75

本日のくじびきは…686点。最近、ついてないなぁ…、って思ってるでしょ。おでん食べて運気アップ。
タイトル情報 | 2010/05/27(木) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。