Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
愛に全てを
ブレイズをいつものプレイスタイルでクリアしたのでプレイデータを晒してみる。

・難易度ノーマル
・中断セーブの濫用OK & ノーリトライ
・MVPエクセレントよりもアイテム&カードPOWの回収を優先
 ・どう考えても規定ターンに無理がある場合が多かったですコノヤロー
 ・基本的に敵性部隊は一兵たりとも残さず殲滅しカードPOW回収します

・全アイテム回収(二者択一のものを除く)
 ・二者択一のアイテムのどちらを入手するかは、装備効果の優劣で自己判断
 ・交換可能なアイテムを交換するかどうかは、装備効果の優劣で自己判断
 ・メダリオンは敵の奪取があったんだけど記憶では盗られたのは1個だけ

・アイテムの装備不可
 ・ToEatアイテム、Detectアイテムは除く
 ・でもアイテムを使いたい場面がなかったぞ

・メダリオン以外のアイテムによる士気回復不可

 

Chapter6a 真実の代償
NextScenario -双竜激突-
ステージクリア数 34
プレイ時間 14:13:30


続きを読む
スポンサーサイト
ブレイズ・ユニオン | 2010/09/26(日) 22:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)
これが私の剣です!
(続き)明日とか言いつつ明後日になったね
前回に続き、『ヘッドの耐久力ゲージ表示を利用した、スキル「レヴォリューション」の有効活用法』の実例紹介。

◇敵との相性・能力値・レベル差が、互角もしくはアイギナの方が有利な場合
こちらの方が有利ならば特に何も考えなくても、とりあえずレヴォリューションが発動さえすれば十中八九アイギナが勝ちます。スキル発動後は必ず、敵の耐久力を上回った状態になるので当然ですね。但し、敵が強攻撃(フラッシュアタック)を連発してきた場合はその限りではありません。相手がヴァイス所持のセリカ隊の場合はちょっと注意かも。

◇敵との相性・能力値・レベル差により、アイギナの方が不利な場合
レヴォリューションの機動力10を活かし、相性をガン無視して自軍1ターン目にアイギナに単騎特攻を仕掛けさせるのは誰もがやること。レヴォリューションのスキル使用を狙う場合はこのように、プレイヤーが不利な状況の方が多いと思います。
以下は、ヘッドの耐久力ゲージが満タンの状態=HP100と表す敵ヘッドの耐久力が満タン(=残存兵数が2以上)敵はSサイズのユニットとして説明としていきます。最初に関しては便宜上の表現なので正しくありませんが、分かりやすさ重視のため。

①アイギナがHP100の状態でレヴォリューションを使用した場合
  ⇒敵ヘッドの耐久力は半減し、HP50になる
相対的なHPは2:1なので、多少の相性不利はものともせずに逆転勝ちすることが可能です。でも実際にはHP100でのスキル発動はほぼ不可能なんですよね。それは、レヴォリューションのスキル発動にはチャージを要するからです。

②アイギナがHP90の状態でレヴォリューションを使用した場合
  ⇒敵ヘッドの耐久力は半減し、HP50になる
アイギナ隊がヘッドのみになった瞬間にチャージを始めれば、だいたいHP80~90の状態でスキルの発動ができます。相対的なHPは9:5となり、相性が著しく悪いと負ける可能性もありますが、大抵は勝利することが可能ですね。しかし、そう上手くいかないのは誰もが経験で分かること。敵の強攻撃によりチャージが妨害された場合はどうなるでしょうか?

③アイギナがHP70の状態でレヴォリューションを使用した場合
  ⇒敵ヘッドの耐久力は半減し、HP50になる
チャージ開始が遅れたりチャージの妨害をされた場合、必然的にスキルの発動が遅くなります。上記の場合、相対的なHPは7:5となります。これだと相性差によっては逆転負けしてしまう可能性が大きいですね。では、このようにチャージ開始のタイミングが遅れてしまった場合はどうすべきか?そこは頭の使いどころ、再チャージ開始のタイミングを意図的に遅らせることによって、起死回生の一手が生まれるのです。

④アイギナがHP45の状態でレヴォリューションを使用した場合
  ⇒敵ヘッドの耐久力は半減し、HP50になる
   ⇒味方ヘッドのHP45を上回るので、敵ヘッドの耐久力は更に半減し、HP25になる
前回の記事で説明した「耐久力半減の効果は、敵ヘッドの耐久力が味方ヘッドの耐久力を下回るまで何度も繰り返して行われる」という特殊効果を利用すればこの通り。これならば相対的なHPは9:5となり、②と同じ状況に持ち込むことができます。う~ん、まさに秘剣の妙技。

長々書きましたが、まとめると以下の通り。
レヴォリューションの発動タイミングを逃した場合は、慌てて再度チャージを行い即座にスキル発動するのではなく、アイギナの耐久力ゲージが半分を下回るまで待ってからスキルを発動した方が勝率がグッと上がる。45

本日のくじびきは…6512点。結構いいかも。失せものが見つかるかも?旅に出るなら『家族りょこう~』と叫ぶと大吉。耐久力についての詳細はGBA版ユグドラWikiへどうぞ。どう考えても執筆者=開発者としか思えません。
ブレイズ・ユニオン | 2010/06/06(日) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
駆け抜けてみせます!
ブレイズ・ユニオンクリアしたー。お誂え向きに正史と思われるAシナリオでしたが、終盤の展開がちゃんと前作の設定を踏襲していて、仲間との離別・新帝国の発足の両方が違和感なく演出されていたことに感動しました。
感想や考察は他所で既に盛んに行われているようなので、ここではシステム改正による小ネタをひとつ。題して、

   ~ ヘッドの耐久力ゲージ表示を利用したスキル「レヴォリューション」の有効活用法 ~

レヴォリューションの効果は「味方ヘッドのみが残ったとき、敵のヘッド以外を全て倒す」となっています。これは前作ユグドラ・ユニオンのときと変わらず。しかし今作ブレイズ・ユニオンでは上述のヘッドの耐久力ゲージ表示が実装されたことにより、ゲーム内での説明以上の効果を持つことが一目瞭然となりました。レヴォリューションが発動すると、ヘッド1人になり更にヘッドの耐久力が減少してるのが分かります。

ということで、レヴォリューションの正確な効果は以下のようになります。
「味方ヘッドのみが残ったとき、敵のヘッド以外を全て倒し更にヘッドの耐久力を半減させる。
 この耐久力半減の効果は、敵ヘッドの耐久力が味方ヘッドの耐久力を下回るまで何度も繰り返して行われる

成程ね、デュランがアイギナにレヴォリューションを放たれてヘッド1人になったとき、能力差や武器相性からして負けるはずがないのに何故だか稀に負けてしまうことがあるのは、そういう理由だったからなのか。これはつまりどういうことか?
この隠された効果とヘッドの耐久力ゲージ表示を利用し、かつ発動のタイミングを臨機応変に変えることが出来れば、何の考え無しにスキルを発動しているよりもグッと勝率が上がるのですよアイギナさん!

なんか今更過ぎることを書いている気がしないでもないけど、前置きが長くなったので続きは明日。30

本日のくじびきは…2900点。う~ん、まだまだ!いろいろと気をつけてください。ハッピーになりたきゃこたつへGo。GBA版ユグドラWikiのスキル解説に詳細が書いてあります。最初に発見した人は凄過ぎる。
ブレイズ・ユニオン | 2010/06/04(金) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。