Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
猛り
WS版とGBA版・PSP版の何が違うだって?どーせ何も変わらないだろって?
違うよ!本当に本当に、WS版リヴィエラは移植後タイトルに負けない唯一無二の魅力があるんだよ!
形式ばった紹介なんかしてられるかぁッ!!

まず!Lv3オーバースキル!告死ディザレスタ!これからして全然違う!
オーバースキル選択後のカットイン!これはWS版もGBA版もPSP版もカッコイイから良し!
でも!その後の画面下部に表示されるセンス溢れる英文!これが酷い!
何が酷いって、英文の表示と効果音の同期が取れていない!ずれまくり!
特にPSP版!やる気あるのか!英文が表示されきったあともピロピロ余計に鳴るな!やる気ないだろ!
そしてその後のドットアニメーション!これはどれも素敵だね!
GBA版とPSP版は動きに緩急が出てスタイリッシュになっていいね!こればかりはWS版よりいいかもね!
だけど!効果音!効果音がショボイ!っていうかやかましい!GBA版!キンキンしていて耳に響く!
で!次!最後!これが一番許せない!最悪の改悪点!

~WS版~
オーバースキル炸裂!舞い落ちる白い羽!パキィーン…オーバースキルゲージ破壊!そしてダメージ表示…

素晴らしい!この流れるような一連の美しい演出が、告死ディザレスタの格好良さを引き立てているよ!


~GBA版PSP版~
オーバースキル炸裂!舞い落ちる白い羽!ダメージ表示!? バリィーン…オーバースキルゲージ破壊!

なんでダメージ表示を先にした?アホか!アホだろ!台無しだろ!テンション激減だから!


と、まぁ、別にさしたる違いは無いんですよね。本質はそんなに変わっていません。でも、この、ゲームの本質とは直接的に関係ない細かいところ隅々にまで配慮が行き届いているのがWS版リヴィエラなんです。当時は別にそうは思わなかったのですが、GBA版リヴィエラをプレイして、そう感じました。確かに表面上は良い移植なのですが、例えば状態異常PURIFYの効果が正しく反映されていないとか、Chapter6のマリス戦では覚醒前なのに覚醒後の技を使用してくるとか(WS版だと天使覚醒前の技構成はChapter2のマリス戦と一緒)、複数回Hitするスキルを使用したとき途中MissしたのにHit数はカウントされるとか、魔術師系のエネミーが使用するMAX技アイスフィールドのダメージが4HITまとめて表示されて数値を全て認識するのが困難とか(WS版では1Hitずつ表示されるからそんなことないよ)、通常プレイしてるぶんには分かり難いところでとにかく適当。
これらのことはGBA版が初プレイの人にとっては意識するまでも無いことなのでしょうが、WS版をプレイしたときにはきっと、プレイのし易さとか、心地よさとか、かっこよさの面で、それが些細なことであっても、作りこみが違うこと・こだわりがあること・愛情が篭っていることに必ず気づくはず。だからWS版リヴィエラは良い作品なのです。
その原因について少し突っ込めば、GBA及びPSPへの移植・リメイクに際してWS版のディレクターが一切関与していないことが挙げられると思うのですが、やはりその面でD.H.Eシリーズのナンバリングタイトルはリメイク前の初期ハードでのプレイがおススメということでしょう。とは言っても移植・リメイクにおける追加要素などはオリジナリティであり、イベントの追加やキャラクターボイスの実装は、WS版にはない魅力なのは間違いありません。好きな作品のキャラクターが声付きで喋ったのは素直に嬉しかったです('▽';
スポンサーサイト
WS版とGBA版 | 2011/12/01(木) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(4)
粗探しがしたい訳ではないんだけど
5:タイトル画面
1.イメージカラーがWS版の緑からGBA版の赤へと変更。のちのPSP版では青になっていますね。イメージチェンジなのか何なのやら。もしかしたら、デザイナーの云うハード毎に合わせたチョイスをしているのかも。まぁだったらなんか不自然だしこの3色が丁度いいね。
2.ちなみに羽のデザインも微妙に異なります。字のフォントは一緒です。
3.タイトルロゴのカットインのあとにタイトルコールが追加されました。ボイス担当はおそらくマリス役の人。

6:オープニングデモAパート
1.WS版だとイベントCGがモノクロ調でしたが、GBA版だとカラーになっています。WS版のCGは、エクストラコンテンツで閲覧するときはモノクロではなくカラーなので一安心。
2.WS版の方がテキスト送りが若干速いようです。大体BGM1ループぶん?
3.その一方、GBA版の方はデモの終わりと曲の終わりが同期しています。こっちの方がタイトルコールに綺麗に繋がるのでいいね。

7:オープニングデモBパート
1.GBA版ではキャラ紹介にキャラクターボイスが付きました。
2.WS版だとレダが風になびきません。会話時のドットが動かないんですよね。
3.GBA版だとレダのオーバースキルのドットパターンが何故か7Hit目で終わってしまいます。不完全燃焼。
4.WS版ではエクセルのカットインが告死ディザレスタ使用時のものですが、GBA版ではLv.3オーバースキル使用時のものになっています。ドットパターンは前者のそれなので、結構な違和感があります。
5.WS版はテキスト効果音がありませんが、GBA版だと効果音つきです。セリフ送りのときにピコピコ鳴る音のことですね。ほかには吹き出し[!]効果音や草むらガサガサ効果音もそう。
6.フィアのセリフ「見て下さい」(WS版)が「見てください」(GBA版)に。もしかして本編のセリフも変えられてたりするのか?
7.これは超個人的な意見かもしれないけど、WS版はBGMとデモが同期を取っているように感じます。イラスト・2つ名・ネームのカットインがドラムの音と上手くリズムを合わせている気がします。しませんか。しませんね。


今回はオープニング~タイトル編。なんか粗探しみたいになってしまいましたが、こんな感じです。意図的なのかどうかは定かではないけど、よく見てみるとヘンな変更点もあるんだよね。あ、あとこれは本編に直接関係ありませんが、メーカーロゴがWS版だと旧Ver.になっています。うん、関係ないね。

本日のくじびきは…996点。最近、ついてないなぁ…、って思ってるでしょ。爆骨食べて運気アップ。
WS版とGBA版 | 2009/09/10(木) 20:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
WS版リヴィエラ×GBA版リヴィエラ、99の差異(適当)
WS版リヴィエラGBA版リヴィエラの違いはイラストレーターの変更・ボイスの追加が主であり、システムの変更はされていない…というのが建前である。いや公式サイトではそこらへんはノータッチなだけだけど。しかしWS版リヴィエラを遊び尽くした(気でいる)自分にとっては、システムに関していくつもの違いがあると感じられる。それが意図的なものなのかプログラミングのミスによるものなのか分からないけど、どうにも後者のような印象を受ける。ということで、リヴィエラの移植時における変更点を些細なことからバトル時の意外な仕様まで、私情を交えながらつらつらと書き溜めてみよう。周知の事実のものも改めて書き出していきます。順不同の適当。

1:イラストレーターの変更
WS版の岩永氏・高津氏から戸部氏に変更。唯一、人外系モンスターだけは戸部氏ではなく他者が描いたらしい。基本的にWS版のデザインが踏襲されており、戸部氏オリジナルのデザインは人化ロゼだけだったような。バストアップ・イベントCGについては構図がほぼ同じだが、必殺技カットインやステータス画面立ち絵のそれは異なる。WSの頃から戸部氏にイラストをお願いしたかったとはゲームデザイナーの談だが、WS版の2人とは以降の作品において関わりを持つことになるので、そういう意味ではWS版で戸部氏がイラストを担当できなかったことも1つの運命といえるよね!!

2:キャラクターボイスの追加
主に戦闘時の掛け声等に充てられている。そのためNPCに声はつかず、メインキャラ・敵キャラのみとなっている。メインキャラのうちロゼだけは戦闘に参加しないが、エクセルのオーバースキル炎のロゼアタック使用時ににゃーんと鳴く。戦闘時以外では、タイトルコール・オープニングデモ・エンディングで一言挿入。声優は現在大人気の有名所が多いが、当時は大して知名度が高くない面々もいたらしい(こっち方面はからっきしなので又聞き情報)。さすがSTING、時代を先取りしていたということか?

3:エンディングの追加
WS版の5つのエンディングにロゼ人化EDが新たに加えられた。条件にシエラの信頼度が関係しているのはミルフィーユちゃん繋がりなのか、それともなんでもアリの魔法の薬のためなのか。ちなみにこの条件が明らかになる前は、ロゼにも信頼度があると信じ込んでいました。しかしロゼが女の子だと分かると一連のイベント(主に沐浴)の見方が変わってくるね。

4:BGM1曲追加
練習バトル時の曲を新規書き起こし。WS版では通常戦闘曲(魔族との戦い)が使用されていた。作曲者はWS版の足立氏ではなくSTING専属の林氏。そのためか、自分が感じていたリヴィエラの世界観とは大きく逸脱した印象を受けたものである…良い意味でも悪い意味でも。練習バトルというある意味システム上独立した世界観ではあるので、そう思えば違和感はないかな。自分好みど真ん中ストライクでカッコイイ曲です。


以上がGBA版発売以前に公式サイトなどで公開されていた移植時変更点の情報の全て…だと思う。見返してみても大きな変化はないが、当時は幾度となく期待を膨らませたものでした。40
WS版とGBA版 | 2009/08/17(月) 05:45 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。