Dept.Heaven EpisodeⅠ
Dept.Heaven EpisodeⅡ
Dept.Heaven EpisodeⅣ
Dept.Heaven EpisodeⅨ
(C)Index Corporation 2011       Developed by STING
Categories
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search
Profile
クレオ・Bechi
昭和生まれの田舎育ち。  東北→北海道→東京在住。 ギャザドラ定位置は150~400位。フレコ209764665。
Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
キリエ「なんだか、グッダグダだね~
ユニゾンドラマ

ドラマCD ユグドラ・ユニゾン ~聖剣武勇伝~
発売日:10/03/25 価格:¥2,940 媒体:CD-ROM1枚
発売元/販売元:フロンティアワークス  販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
トラック数:9+1/66分

入手難度  :★★★
コレクター度:★★☆
実用性    :★★★☆   ※5点満点評価。★は1点、☆は0.5点。わりと適当。

ユグドラ・ユニゾンのドラマCD。PSP版ユグドラ発売直後ではなく、なぜこのタイミングで?というのが素直な感想ですが、実際に聴いてみればユニゾン本編にかなり即した内容となっていることが分かります。

ファンタジニア王国編・ミラノ盗賊団編・新生ブロンキア帝国編の3編収録。順当ですね。主要キャラクターも軒並み登場しています。あ、エレナいないや。でもキリエの出番が多いからいいか。そういえばネシアもいないな。内容はどれもコミカルチックで、リヴィエラのドラマCDみたいなシリアス要素はありません。いわゆる二次創作的なキャラ付けやノリでまとまっているため、ある意味で安心して楽しめますね。本編自体がifの物語なので、なんでもありです。
また、ゲーム本編にちなんだネタが非常に多いのが特徴です。アイテムの取得場所とか、タクティクスカードの効果とか、クラスチェンジとか探索とか。普通にプレイしてただけじゃ絶対に分かるわけねーよ!とかもザラにあるので、やりこんだプレイヤーにとってはニヤリとできるのは嬉しいですね。
初回特典としてボーナストラック(アフレコ感想コメント)が収録されています。初版以外が存在するのか甚だ疑問ですが、いま流通している分には収録されていると考えてよさそうです。ちなみにBGMはPSP版ユグドラのものが使用されていますが、ドラマCDのオリジナルBGMもあるようです。アップテンポな曲から悲しい曲(笑)まで様々なので、耳を澄ましてみると新たな楽しみがあるかも。

悪ノリが過ぎる部分もありますが、適度を弁えずに最初から最後までぶっ飛んでいるので、開き直って楽しんだもん勝ちなグッズです。とりあえずウンディーネよりも露出度の高いユグドラの叫び声を聴きたい人は、自分で確かめてみてください。
ちなみにすぐあとに発売されたブレイズ・ユニオンとの関連性を考慮した作風にはなっていないのであしからず。どっちかって言うといじられキャラはアイギナの方なんじゃないかな、とか思うのはブレイズ・ユニオンのせいです。
スポンサーサイト
関連商品情報 | 2013/11/20(水) 00:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
古き良き時代(最期)
湯ぐ存サントラ
ユグドラ・ユニゾン ~聖剣武勇伝~ Audio Collection
発売日:10/02/24 価格:¥2,415 媒体:CD-ROM1枚
発売元:株式会社5pb.  販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
トラック数:41

入手難度  :★
コレクター度:★★★☆
実用性    :★★★☆   ※5点満点評価。★は1点、☆は0.5点。わりと適当。

DS版ユグドラ・ユニゾンのサントラ。
DSの全楽曲に加え、新規のアレンジBGMが一曲。アプリ版のころからBGMの評価が高かったタイトルですが、リメイクに伴うサントラ化を果たし、ようやく手元に届いたといった感じでしょうか。収録曲の多くは基本となるBGMのマイナーアレンジとなっていて、収録曲の多さと比較して多少の物足りなさは否めませんが、それでもやはり個々の曲は粒揃いです。

ブックレットには作曲者のライナーノツと、一部のBGMのコメントが添えられています。全曲解説がないのが心残りですが、そこはむしろ全58曲解説をやってのけたGBA版ユグドラ・ユニオンが比較対象なので仕方ないですね。コメントに「実験的に」や「派手に遊ばせていただきました」とあるように、いろいろ前衛的(褒め言葉)な作曲が行われている風なのが伺えます。アレンジが大半を占めるのも同様の理由でしょうかね。
ボーナストラックはメインテーマのアレンジで、販促用のPV曲です。音源制約なしのノリノリアレンジなので、聴き応えはマシマシです。あ、ちなみに新規イラストはありません。

なんかもうお決まりの締めですが、ファンならダンゼン買いですね。最近ではすっかりなりを潜めたGBA時代のノリの良さを忘れない、いかにもユグドラらしいBGMです。本タイトルはWS版リヴィエラの作曲者のSTINGタイトル引退作でもあるので、そっち方面で思い入れの強い人にとっては手元に残しておきたいですね(自分がそうなだけだってば)。

ちなみに完全に余談ですが、未知なる洞窟 (クエストBGM)の曲はサモンナイト クラフトソード物語2の洞窟のBGM似ても似つかないほど似ていると思います。メロディじゃなくて、雰囲気とか構成とか音源とか。他メーカーのタイトルですが作曲者が同じであるようなので、やっぱり作曲の手法とかクセとかってあるのかなぁと思ったり。(これで作曲者が別だったら赤っ恥だね!!)
関連商品情報 | 2013/11/18(月) 22:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大丈夫?
ぞんほん
ユグドラ・ユニゾン ~聖剣武勇伝~ 公式ガイドブック
発売日:09/12/25 価格:¥1,995 判形:A5判/127ページ・オールカラー
販売:エンターブレイン

入手難度  :★
コレクター度:★
実用性    :★★☆   ※5点満点評価。★は1点、☆は0.5点。わりと適当。

DS版ユグドラ・ユニゾンの攻略本。
STINGタイトルにしては珍しく、ファミ通が制作した攻略本です。色々と悪名高いファミ通の攻略本ですが、それに違わないくらい自分はこの攻略本が大嫌いです。中立な評価を意識している当ブログですが、お構い無しに断言します。

収録されている内容自体は、この手のゲームとしては及第点以上というか充実している方だと思います。キャラ紹介は初出の設定がちらほら紛れ込んでいたり(ブレイズ・ユニオンとの矛盾は仕方ないとして)、アプリ版では謎に包まれていたシステムの詳細や、新要素のフォローも不足なくされていて、単純に読み物としても楽しめます。キャラ雇用の条件とか宝箱の出現条件とかアイテムの効果とか、知りたい情報が概ね抑えられているのが嬉しいですね。同じくファミ通出版の例の黒本とは打って変わって、誤情報もほぼゼロな印象です(一部はゲーム内容と齟齬はあるけど、内容から察するにゲーム側の設定ミス)。

じゃあ何がダメなのか? この攻略本、読み手に対する配慮が全くありません。
続きを読む
関連商品情報 | 2013/10/09(水) 20:20 | Trackback:(0) | Comments:(4)
謎の需給バランス
なぞ4
なぞ3
(写真左:左上)ユグドラ・ユニゾン ファスナーアクセサリー/王女ユグドラ 価格:525円
(写真左:右上)ユグドラ・ユニゾン ファスナーアクセサリー/銀狼のミラノ 価格:525円
(写真左:右下)ユグドラ・ユニゾン ファスナーアクセサリー/白薔薇家総帥ロザリィ 価格:525円
(写真左:左下)ユグドラ・ユニゾン ストラップ 価格:840円
(写真右:上)ユグドラ・ユニゾン メモマウスパッド/集合柄 価格:472円
(写真左:下)ユグドラ・ユニゾン メモマウスパッド/キービジュアル 価格:472円
発売日:09/12/16(?) 販売:ムービック

入手難度  :★★★★★
コレクター度:★★★★★
実用性    :★★★★   ※5点満点評価。★は1点、☆は0.5点。わりと適当。

旧来のファンの間でもその詳細が掴めない謎のグッズ。
ゲーム公式サイトでも告知が一切無く、初出が何だったのかは記憶の彼方。STING情報局なる広報メールの11月20日号にグッズの販売情報が記載されていましたが、ムービックの通販サイトの購入確認メールを見返してみると予約日が11月17日になっていたので、これ以前にどこかで知る機会があったようです。そういえば、STING公式サイトのトップページに一瞬だけ情報が掲載されていたような…。商品情報の詳細を知りたい人は、「ムービック ユグドラ・ユニゾン」でググりましょう。

肝心のグッズはと言えば、イラスト自体は使いまわしであるもののそれなりにしっかりとした出来の模様。キャラチョイスが何とも局所的すぎるのは、ユーザーの意見を反映させたからなのか、それとも制作サイドの趣味なのか。ロズウェル&ロザリィはまだ分かるけどエメローネってあんた…。メモマウスパッドはポストイットのような作りになっていて、メモ帳としても使えるスグレモノ。とのことですが、メモするスペースが極端に少ないっていうか完全にあさっての方向の利便性を追求していて謎。

「何でこんなの販売しようと思ったの?」と思わずにいられないラインナップ、いったい何処の誰に需要があったのか…。と思わずにいられないのですが、予約開始当時は存在をいち早く聞きつけたファンが注文に走り、あっという間に品切れになってしまった記憶があります。完売したのならば多少の利益が出たのだろうか、しかし実際に使用している人はほぼ皆無であろう全てが謎のグッズです。まーそもそもユグドラ・ユニゾンである必要がゼロですね。ただ希少性は抜群なので、持っている人は大事にしましょう。自慢できます。
関連商品情報 | 2013/10/08(火) 21:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
表紙も内容もファンの期待も黄金期
インザナ資料集
ナイツ・イン・ザ・ナイトメア 公式設定資料集 Dept.Heaven Episodes World Guidance
発売日:08/11/27 価格:¥2,520 判形:B5判/160ページ・オールカラー
販売:ソフトバンク クリエイティブ株式会社

入手難度  :★
コレクター度:★★★★★
実用性    :★★★★★    ※5点満点評価。★は1点、☆は0.5点。わりと適当。


ナイツ・イン・ザ・ナイトメアの公式設定資料集と題されているけど、D.H.Eワールドガイダンスとあるようにリヴィエラやユグドラを含めたシリーズ全体を網羅した一冊。約半分はナイツの詳細な設定やイラストが掲載されていて、残りの半分はシリーズ全体の世界観の補完や開発者インタビュー等々。どちらも過不足ない情報量で、シリーズファンにとってはまさに垂涎の一品です。

前半のナイツの設定資料については、ユーザーが望む一通りの情報を網羅している印象。騎士団や種族間の相関図を初めとして、メインキャラは設定紹介とラフ絵が、騎士団員はポーズトークが全掲載です。エネミーキャラには全てに豊富な設定画やメモが添えられ、各ユニットの全身図、NPCやオブジェクトもちらほら。ゲーム本編ではなかなか把握し難いストーリーは各SCENEの追憶を時系列順に並べて解説されており、「なるほど、こんなの理解できるわけねーだろ!」とツッコミたくなるくらいの緻密さを思い知らせてくれます。
開発者やイラストレーターのコメントも随所にあるので、見応えだけでなく読み応えも充分。なかでも、高校のクラスに見立てた各騎士団の紹介は見事に特徴を捉えていて、ただただ関心するばかり。
物足りない点としては、騎士団員の全身図が未掲載ということでしょうか。ラフ段階では全キャラに全身図が設定されているようですが、115人というキャラの多さを考慮すると高望みだったかもしれません。あとは、NPCのポーズトークが全く触れられていないこととか。のちに発売されるPSP版でポーストークコレクションをコンプするときに参考にするものがないのは、今となってはかなりキツイことになっております。
後半のシリーズ全体の設定紹介は、これまた丁寧に綴られています。デプト・ヘヴンの世界設定を紹介する最初の記事は、もとはゲーマガに定期掲載されていたものを再構成したものらしいです。ゲーマガはスルーしてたので、情報の漏れや加筆があったのかは不明。神界・冥府・地上、各タイトルの舞台背景や種族などについて、初出情報5割くらいの大放出っぷりをみせつけてくれます。続いてはリヴィエラとユグドラに着目した一面があり、ゲーム本編の以前以降まで含めた正史を時系列でまとめ、開発者による一問一答形式で残された謎や伏線を明らかにしています。最後は5時間にも及ぶ開発者へのロングインタビューが12ページに渡り大公開。シリーズの始祖となるリヴィエラの怒涛の開発秘話や、イラストレーター3人を交えて語られるナイツの爆弾エピソードが、またもや大量の秘蔵イラストとともに一挙公開。そのほか、割とどうでもよさそうなキーワードまで紹介してくれるデプト・ヘヴン用語集、PSP版リヴィエラSEを加えた各種販促イラストの収録など、最後まで目が離せません。
ご覧のように、紹介するだけでも一苦労の内容。個人的に注目しているのは、ゲーム中ではほとんど表に出てこない神界が何やらどろどろした情勢だということですかね。あと地味に感動したのは、告死天使は血色のない蒼白の肌をしているという設定でした。

シリーズの集大成とも言える内容から、発売当時はナイツの評価の高さも相まって、シリーズの絶頂期であるとともに大きな転換期だったように思います。これ以降、シリーズの新たな動きは2011年の新春までぱったりと途絶えてしまうのですが、それはまた別のお話。惜しむらくは最新作であるグングニルの情報が未掲載であることですが、シリーズが5作6作と続けば、また改めてワールドガイダンスを出してくれるんだよねSTINGさん!? ナイツ好きもシリーズ好きも買わない理由が一切見当たらない、そんな一冊です。
関連商品情報 | 2012/12/27(木) 22:15 | Trackback:(0) | Comments:(1)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。